リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

古くて和風な木造一戸建を
木のぬくもりが感じられる北欧風な空間にリノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回のお施主様は若いご夫婦でお子さんがひとりおられます。元々は知り合いの大工さんとリフォームの話を進められ、検討されてましたがお施主様がご要望されることがうまく伝わらず、結果的にかなり野暮ったい普通のリフォームしか出来そうにないことから、せっかく予算を掛けてリフォームするなら自分たちの思うような空間にされたいという思いで、以前からHPをご覧いただいていたリボーンキューブにご相談いただきました。
 そのような経緯からリノベーションされる建物もあり、ある程度ご予算も決まっておりました。最初にご相談にお伺いした際に、お施主様からお伺いした予算と希望内容のバランスからすると、かなり中途半端な内容のリフォームになってしまうことから、最低限必要であろう予算をお伝えして、その予算を確保いただきたい旨をお話ししました。そしてその予算を確保いただけるという回答をお施主様よりいただきましたので、お話を進めさせていただけることになりました。

 それでは具体的な内容をお話ししていきたいと思います。
建物の築年数がはっきりと解りませんが、かなり古く40〜50年は経過しているような感じでした。それまでも建物を少しずつ手入れしながらお使いになっておられたため、全く使えないというような状態ではありませんでした。ですが、お風呂がないことが今のライフスタイルに一番合わないために、お風呂を新設して水回りを全面的に見直し、それぞれに細かく区切られ使いにくい部屋を広く一室空間で使えるようにしたいというご要望でした。そして収納を上手に確保しながら、全体的なイメージとしては北欧テイストな空間に仕上げて欲しいというご要望もありました。
 そのようなことからいつものように既存の空間をリセットしてゾーニングさせていただきました。ただしご予算が限られていたことから、2階については出来る限り既存を活かすように考えました。1階は全く区切りのないワンルーム空間として水回りと収納をレイアウトさせていただき、玄関部分には両面から使用できるシューズクローゼットや小物の収納、そしてTVボードとしても使用でき、なおかつ玄関とリビングを緩く区切れるパーテーションの機能を持つ家具を設えさせていただきました。

 リビングはダイニング、リビングとそれぞれにお使いいただけるようにゾーニングし、間口方向に壁量が少ないことから補強のために柱を立て筋交いを入れました。そしてそうデザインされているかの如くに設えました。
 キッチンは和食の料理人をされていたご主人様のこだわりを叶えるべく、コストを鑑みシンプルな業務用キッチンを採用しながらも、アイレベルに収納を確保し、地袋収納やモザイクタイルで作業台を造るなどコンパクトにまとめながら、機能的にお使いいただけるように空間を造らせていただきました。またキッチンの壁面一面にカラーを採用することでより北欧テイストを醸し出すように設えしました。
 洗面はシンプルに大型の洗面ボウルを設えて、タイルやミラーなどで個性を出すことで遊び心のあるデザインされた空間を造らせていただきました。
 お風呂はいたってシンプルなタイプを採用し、コストを抑えながらも十分な機能を確保しました。
 トイレは1面だけにカラーを採用することで明るく清潔感のある空間に仕上げさせていただきました。
 階段は既存利用し、2階部分は続き間だった部屋を区切って個室を設けてドアを新設しました。
 主寝室になるところには壁面一面に大型のクローゼットを設け、コストを鑑みて扉ではなく、カーテンを採用して仕切っていただけるように設えました。

 以上のように2階は最小限のリフォームにとどめ、1階にコストを集中してフルリノベーションさせていただいたことでメリハリの効いたリノベーションをさせていただきました。

 今回のネーミングについてですが、‟Malmö(マルメー)”と命名させていただきました。直接的な意味はありませんが、北欧をイメージして音の響きがよいスウェーデンの都市名を付けさせていただきました。
 最後になりましたが、今回もお施主様と楽しく打ち合わせを重ね、限られた予算内で最大限にご要望を叶えるリノベーションを手掛けさせていただけたことに感謝して終わらせていただきたいと思います。

リノベーション現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」 『古くて和風な木造一戸建を木のぬくもりが感じられる北欧風な空間にリノベーション』 )

 物件概要/築年数不明(築後40〜50年経過予想)・京都市中京区・個人住宅リノベーション・延面積44.86m²・構造:木造瓦葺2階建1階部分

 主要各部仕上および素材/壁面:PBの上AEP塗装仕上・天井:PBの上AEP塗装仕上・床材:オーク複合フローリング仕上(オスモ塗装仕上)、玄関床:磁器タイル張り仕上・キッチン壁面:タイル仕上・シェルフ、クローゼット、建具:シナベニアの上OSCL塗装仕上・キッチン:業務用キッチン・便器:LIXIL製・UB:LIXIL製・その他:玄関ドア(フロストガラス入り木製框戸塗装仕上)、レンジフード(サンワカンパニー製)、4口ガスレンジ(リンナイ製)等

 リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)





↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc