リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

広い南庭に開けたウッドデッキと
明るいリビングの開放的な一戸建リノベ

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回の作品も物件探し〜ご購入〜リノベーションまでの全工程をご依頼いただきました。
 最初にお施主様にお会いしてお話しを伺った時のご要望は、専有面積の広いマンションで駅から至近そして比較的築年数が浅く管理の行き届いたところをご希望でした。そしてそのご要望に沿っていくつか物件をご覧いただきましたがなかなか気に入っていただけるものがなく範囲を広げて積極的に物件をご覧いただきました。しかししっくりこられる物件が見つからずに日が経っていきました。
 そのようなことからマンションではご希望の物件が見つからずに難しいのではいうことからその後一戸建にシフトしつつ物件をお考えいただくようになり1年近くお探しになられました。しかしそれでも気に入られる物件が見つからず、かなり探しあぐねておられた頃に売りに出された今回の物件をご紹介させていただきましたが、当初資料をご覧いただいていた時は予算オーバーしていることや間取などの感じもそう印象がよくなかったため、すぐには内覧いただきませんでした。しかし一度内覧しようということになり実際に物件をご覧いただくと思った以上によい印象を持っていただけました。そして売主様のご事情もあり早期に売却されたい意向で予算オーバーな価格についても交渉がスムーズに進みトントン拍子でお話を進めることができ無事ご購入いただけることになりました。

 今回の物件は建物の規模もそこそこありお施主様のご希望を充分満たすことができるのは間違いないのですが、それにもまして持て余すぐらい広い南庭があることがこの物件を気に入っていただけた大きな要素でした。逆に持て余すぐらい広いということで当初はどう使うかがいろいろ考えられすぎ逆に難しいということやその分コストも掛かるという難しさもありました。しかしその広い南庭のお陰で充分すぎるほどの陽当りと広がりを確保できるためそれに越したことはないという風にお考えいただきました。そしてその広い南庭も含めてリボーンキューブで有効にそしてトータルにデザインしてリノベーションさせていただくことになりました。
 今まで建物のリノベーションはいろいろ手がけてきましたが広々とした庭がとれるほどの作品はあまりなかったため、外回りのデザインも含めてトータルにリノベーションさせていただくのは今回が初めてということになります。  では具体的にどのようなご要望をお施主様がお持ちであったかということですが、まず今回の建物は元々わざわざ2階に階段を上がって玄関を設けてあり、その玄関から続くリビングも2階にゾーニングされていたのですが、立地が坂を上がったところになるため、坂を上がってきてまた2階まで階段を上るのは少し気が重いというお話しで1階に玄関を移設したいということが一番のご希望でした。そのため今回玄関を1階に移設してリビングも同じく1階にゾーニングし直すことになりました。

 広いリビングからは広い南庭に面したウッドデッキを望みその向こうに広い南庭が繋がるというレイアウトにさせていただき存分に南からの陽を取り入れていただけるようにしました。
 2階には広めの寝室とこれもかなり広めのウォークインクローゼットを設け、将来的に子供部屋になるであろう部屋を予備室として設けました。そして元々部屋であったところを逆に1部屋分南に面した吹き抜けにゾーニングして1階のリビングから気配と明るさを確保しました。将来的には元々部屋だったところなので手狭になり、もう1部屋個室が必要になった場合にはその吹き抜けをなくして部屋にも変更できるようにという考え方でゾーニングしました。
 次にキッチンや水回り、寝室などの壁面にはお施主様のご希望でお好みのカラーを取り入れました。特に水回りに関してはカラーを取り入れることもありリボーンキューブでお馴染みの建具や家具を木目にせず、ホワイトのメラミン化粧板で設えるようにしました。それによりいつもと違いすっきりとシャープな仕上がりになったのではないでしょうか。
 その他についてはお施主様のご要望通りできるだけシンプル且つすっきりとした空間に仕上げさせていただきました。

 立地的に若干寒冷地であることから当初は床暖房や蓄熱暖房も検討されたのですが実際にはコストが掛かり過ぎることやランニングコストも同じように掛かることから採用せず、全ての窓をペアサッシに替え、床下や天井などの断熱を計ることで寒さを和らげ、コストとランニングコストの比較的掛からないエアコンを選択いただきそのエアコンの容量を通常よりもかなり大きめにとることで暖房効率を上げるように設えさせていただきました。
 そしてまた何と言っても最初にお話しした広い南庭をどのようにデザインするかということになり、まず来客用のガレージを設けそれでも余る広い南庭には一面芝生を敷き詰め、枕木とウッドデッキで仕上げるように設えました。今回芝生を一面に敷き詰めるように設えたのはお施主様が植木の手入れをあまりされなくてもいいようにというご要望があったため、手入れを要す植木は植えないということにしました。
 結果的にはシンプルな南庭になったのですがその分すっきりと使いやすい南庭になったのではないでないかと思います。
 南庭に繋がるウッドデッキには日よけのために可動式のテント屋根を設けさせていただきまるでカフェにいるかのような設えにさせていただきました。

 このように今回建物だけでなく外回りも含めて全てをトータルにリノベーションさせていただけたことで統一感のあるリボーンキューブらしいデザインの仕上がりになったのではないかと思っております。
 今回の作品名は「noter」とさせていただきました。意味はフランス語で「音符」です。理由はお施主様がご夫婦ともに音楽に大変親しまれていることからイメージしました。お施主様のイメージにピッタリなネーミングではないかと思います。
 お施主様にゆったりとお住まいいただき、ぜひ落ち着かれた頃にお伺し南庭も含めてどのように素敵にお住まいになっているのかを拝見するのが本当に楽しみなリノベーション作品となりました。
 今回も大変楽しくリノベーション作品を一緒に造らせていただけたことに感謝を込めて締めくくりたいと思います。

リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)

 物件概要/1987年新築(築後25年)・大津市・個人住宅リノベーション・延床面積119.82m²(壁芯)・構造:木造スレート葺2階建

 主要各部仕上および素材/壁面:PB下地の上AEP塗装仕上(一部シナベニア下地)・天井:PB下地の上AEP塗装仕上・床材:オーク無垢フローリング(オスモワックス仕上)・バスルーム:INAX製ユニットバス・シェルフ、クローゼット、建具:シナOSCL塗装仕上・キッチン:モザイクタイル囲いの上、INAX製システムキッチン・便器:INAX製アメージュC・その他:キッチンおよび洗面収納(メラミン化粧板仕上)、洗面入口建具(チェッカーガラス入り引き戸)・サッシ:一部入替え・ガラス:ペアサッシ・屋根:スレート瓦葺き替え・外壁:塗装塗り替え・外部鉄部:ペンキ塗り替え・玄関:スチール製玄関ドア、スチール製窓・ウッドデッキ:セランガンバツ、SPF材(オスモ塗装仕上)・外構:芝生、枕木、橋梁工事、ブロック積み、ヨウ壁、カーポート、オーニングテント等

 リノベーション期間/約2.5ヶ月(解体工事期間含む)



↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc